テレワーク 時間や場所にとらわれない新しい働き方

テレワークとは「遠い」という意味のテレ(Tele)とワーク(Work)を組み合わせた言葉で
育児と仕事の両立

子育てしながら働くには、時間や場所の制約をできるだけ軽くしていくことが重要で、それにはテレワーク(在宅勤務)がとても役立ちます。
通勤が必要ないので、その分の時間は育児や家事などのプライベートの時間に費やせます。

育児
介護と仕事の両立

テレワークは、親の介護をする人にも有効な手段です。
親の住まいが職場と離れている場合は介護と通勤は両立できませんので、テレワークの制度があれば休暇を取らずに介護ができることも増えるでしょう。

介護
障害者雇用にテレワーク

一定の規模以上の企業は障がい者の方を雇用することが法律で義務付けられていますが、身体に障害を持った方は健常者と同じように通勤ができない方もおられます。
テレワークによって通勤すること無く働ける環境を提供し、障がい者の方を積極的に雇用している企業もあるようです。

障害者雇用
優秀な人材の確保

育児や介護を理由に優秀な人材が退職に追い込まれないようにテレワーク制度を導入することも重要ですが、オフィスに出勤できない地方の優秀な人材を確保するのにもテレワークは有効です。
テレワークの環境を整えることで、訳あって親元を離れられない地方の優秀な学生を採用できるチャンスが生まれるかもしれません。

災害など非常時の備え

 地震などの自然災害に見舞われると交通機関が麻痺して社員の多くが出勤できないという事態に陥る可能性もあります。昨今は台風による土砂災害、寒波による雪の影響などで交通網がストップすることも珍しくありません。
 こういった場合でも、自宅で最低限の業務が続けられるようにするBCP対策は、テレワークの環境を構築することと手段は似ています。
 業務用のPCが無くても社員個人所有のスマートフォンやタブレットを業務に使えるBYOD(Bring your own device)の仕組みも、こういった時に役立ちます。

災害
テレワークとは
テレワークの事例
テレワークの課題
テレワークの課題解決