actuariseが取り組むテレワーク月間の施策

通勤してフルタイム勤務できない優秀な人材をテレワークで採用し、同じ空間にいない社員同士がお互い助けあい、感謝を伝えることができるテレワークICTサービス「Team ToDo」の開発・販売を推進します。

テレワークICTサービス「Team ToDo」とは

 クラウドサービスなので自宅からでも操作できる。

「仕事の指示」から「ありがとう」までを管理

仕事の指示は相手を選んで件名、期限を設定するだけの簡単操作

同じ空間で働いていない社員間でも、メール間隔で仕事を依頼できる。
受信箱のバッジ

指示した仕事の成果を5段階のサンキューポイントで評価

テレワーカーに感謝の気持ちをポイント(花)で送れる。

やり終えた仕事を一覧で表示 もらったポイントの合計を確認

完了したToDOは日報のように一覧で本人と上司が確認できる。
やったことを記録していけば、成果を必要以上にアピールする必要がない。

受け取ったサンキューポイント(花)の合計を花畑のアイコンで表示。
花畑の数が多くなることで皆から感謝されていることを実感できる。

他にも便利な機能が満載

未読/既読がわかる

メールで部下に指示を送ってしばらく反応が無いと、まだ指示の内容を見ていないのか、見たけど着手できていないのかがわかりません。Team ToDoで指示すれば未読/既読を上司が把握できます。

期限の変更は要承認

実際に仕事を進めていくと、予め指定された期限にどうしても間に合わないことが出てきます。Team ToDoには依頼者に期限の変更を申し入れる機能があり、承認すれば期限を延期することができます。

残作業の量がわかる

Team ToDoはひとつひとつの仕事に予測時間を設定することができます。それを集計することで部下全員の残作業量が日ごとにグラフで見ることができますので、個人や日ごとに抱えている仕事の量を把握することができます。

手間をかけずに情報共有

Team ToDoで指示した仕事の内容(結果)はチーム全員に共有できます。検索機能を使って過去の仕事を参考にすることで、いちから作業することなく、効率よく仕事を完了させることができます。

テレワークとは
テレワークの事例
テレワークの課題
テレワークの課題解決

参考書籍

業務効率を格段にあげる「チームToDo」という発想

 
<著 者> actuarise株式会社 代表取締役 三島浩一
<コラム> 社会保険労務士 河村文宏
<推 薦> テレワークICT協議会 

 
公式ガイドブックをプレゼント