actuariseブログ

自動スクリーンショットの「Webクリップる」を発売

2017年02月21日

本日ニュースリリースを発表しました   自動スクリーンショットの「Webクリップる」を発売 特許技術を活用した新しいコンセプトのセキュリティ対策サービス ~ ライブカメラ、ネット広告、Webの証拠保全や防災情報にも活用 ~


 
テレワーク支援システムの企画・開発・販売を行うアクチュアライズ株式会社(大阪市北区、代表取締役:三島浩一)は自動的に一定間隔でWebのスクリーンショットを撮る特許技術を活用した「Webcliple(Webクリップる)http://www.webcliple.com/ 」を4月3日にリリースします。   「Webクリップる」は、予め指定したWebの画面を、一定間隔にスクリーンショット(略して、スクショ)を撮り、クラウドの専用アルバムに登録するWindowsソフトと専用アルバム内の画像を表示するスマートフォンアプリ(iOS、Android)で構成され、高額で接続に時間のかかるVPNやVDIを導入せずとも、画像変換された社内システムの情報をモバイル環境やテレワーク(在宅勤務)から安全に見ることができる環境を構築します。   【スクショでWebを画像化するメリット】 ・Webシステムに直接アクセスさせずに情報を見せる(スクショプロキシ) ・一定間隔で保存しているので、過去の状態を画像で確認できる(スクショアーカイブ) ・たくさんあるサイトから見たい部分だけを一か所に集めてくる(スクショまとめ)   【Webクリップるの活用例】 ・自治体の防災情報提供 インターネットから分離さている行政ネットワークの情報は、リアルタイムでホームページに掲載できない為、災害発生時には画像で無害化した情報を提供する。   ・ライブカメラの画像配信 Flash Playerなどのプラグインが必要なライブカメラ配信サイトはiPhoneの標準ブラウザでは表示できない為、一定間隔でJpeg形式の画像に変換して配信する。   ・ネット広告の調査やエビデンス ネット広告が正しく出稿されていることを確認したり、競合他社の広告や検索順位を調査するために、一定間隔でサイトや検索結果画面を画像化する。   ・Webの証拠保全 誹謗中傷を書き込まれた掲示板や炎上したブログ・SNSが消されてしまう前に、スクショで画像化してWebの証拠を保全する。     発売開始時期 : 2017年4月(3月よりβ版の提供開始) 月額使用料:20,000円~ 提供方法 :クラウドサービス(SaaS型) 販売目標  :2,000万円(発売後2年間)   Webcliple専用サイト http://www.webcliple.com/ actuariseの発表サイト http://www.actuarise.co.jp/release/20170221.html   ※ Webclipleはactuarise株式会社の登録商標です。