ToDo・日報・スクリーンショットのツール活用術

テレワークに役立つICTツール活用術

ToDoから日報を自動作成、かんたんスクリーンショット

テレワーク勤務は部下が何をしているのか見えませんので、サボっていないか心配になります。ToDoやスケジュールを共有したり、日報を書くようにすれば良いのですが、面倒だとか忙しいと言って入力してくれない人もいるでしょう。またオフィスのようにパソコンの画面を他のメンバーに見せることもできません。
そこで手間をかけずにアウトプットを管理したり、すぐにパソコン画面を共有できるICTツールの活用をオススメします。
 適したツールを活用すれば、テレワークでも生産性が下がらず、働き方改革にも役立てるはずです。
本セミナーでその仕組みについて解説させて頂きます。

開催日時

2021年2月  3日(水)14:00~15:00

2021年2月10日(水)14:00~15:00

2021年2月17日(水)14:00~15:00

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

対象

テレワーク・働き方改革に課題や興味をお持ちの企業ご担当者様

定員

50名

受講料

無料

【セミナー内容】
■第1部
 ToDoを他のメンバーと共有し、ToDoを完了させるだけで自動で日報に反映させるマネジメントツール「チームToDo」の活用方法とテレワークでの業務管理の方法を解説します。
■第2部
 2つのアクションでスクリーンショットを撮ってクラウドに画像をアップするソフト「Cliple」を活用し、離れた場所にいるメンバーに目の前の画面を送る操作を実演します。
■第3部
ICTツールを活用されている企業の事例のご紹介します。

講師

 

ワークライフバランスコンサルタント

actuarise株式会社 代表取締役 
テレワークICT協議会 会長

三島浩一
 

<経歴>
  15年間  パナソニックのグループ会社に勤務
    5年間  デジタルアーツ株式会社に勤務
    3年間  EMCジャパン株式会社に勤務 
2013年 8月  actuarise株式会社を設立

参加お申込み

 
お客様の個人情報は、actuarise株式会社の「 プライバシーポリシー」に則り管理いたします。
上記のフォームから送信できない場合は

までご連絡ください。
※特定電子メールの受信は拒否します。