BYOD
課題1
【課題】
テレワーク用に機器を用意できない

テレワーク対象者全員に持ち出せる業務用パソコン等を貸与することが難しいという課題には、社員個人所有のスマートフォンやタブレット、または自宅のパソコンを活用する「BYOD」で解決できます。

課題解決策① 

BYOD

BYODのメリットと課題

個人所有の端末を利用することでコスト削減できる(会社側のメリット)

貸与されたスマホ
外出が多いビジネスマンには通常、会社から連絡用に携帯電話が貸与されています。勤務中はそれを携帯して通話やメールの確認を行っていますが、社員個人所有のスマートフォンにも同等以上の性能があることから、これを業務に活用する動きが海外で活発になり、日本でもその考え方が浸透しつつあります。これによって、会社は社員にスマートフォンなどの機器を貸与する必要が無くなりますのでコスト面でメリットがあります。

貸与されるスマホより自分のスマホのほうが使いやすい(社員側のメリット)

私物のスマホ
利用する社員の立場からみても、自分のスマホのほうが使いやすいですし、会社のスマホと二台を持ち歩いくのは重たいとか、充電の手間も面倒だという考えからBYODが受け入れられやすいようです。また災害などの緊急時でオフィスに出勤ができない場合を想定して、自宅のパソコンを普段からテレワークで利用することでBCP ※1対策にもなります。
 

課題はセキュリティと対応システム

セキュリティとプライバシー
会社と社員の双方にメリットがあるBYODですが、セキュリティ面では多くの課題があります。会社の重要なファイルが社員個人所有のスマートフォンに残ってしまうことは心配ですし、万が一スマートホンを紛失したり、盗難にあったりした場合にも情報漏洩しないようなセキュリティ対策が必要となります。また、使用したいシステムがスマートホンの小さい画面でも使いやすいようなデザインなっているかや、社内のネットワークからしかアクセスできない情報が必要な場合にどうするかも重要なポイントです。

※1 BCP(ビーシーピー)とは - 企業が自然災害、事故、テロ等の予期せぬ緊急事態に遭遇した場合に、重要業務に対する被害を最小限にとどめ、最低限の事業活動の継続、早期復旧を行うために事前に策定する行動計画である。 ・計画策定の際には自社の業務プロセスを見直し、緊急事態の際の各事業ごとのリスクの大きさや、優先して継続・復旧すべき事業を定める必要がある。 ・計画の内容は緊急事態を見据えた事前の対策と継続・復旧のための実施計画であるが、施策だけではなく緊急事態に備えた組織体制の構築、人員の訓練も含まれる。
マネジメント用語 Weblio辞書より

 

テレワークの課題
テレワークの課題
対応する製品・サービス
Team ToDo
Webcliple
Kintone
Office365
Office365
EXGATE