ICTの活用が不可欠
課題3
【課題】
社員間で連携が取りづらい

社員間で連携ができていないと1つの仕事を2人で同時にしてしまったり、誰も手を付けなかったりするトラブルも発生します。膝を突き合わせて話せないことで意思の疎通が取りづらいという課題にはコミュニケーションツールで解決しましょう。

課題解決策③ 

コミュニケーション

全員がテレワークできる仕組み

声と資料で意思疎通

コミュニケーション
その場にいない人とビジネスの話し合いをするには電話をかけるのが一般的ですが、テレワークをする人が複数の場合もありますので、最近では多人数のWeb会議やビデオチャットと呼ばれるサービスが無料または安価に提供されていますので、それを利用されることも多いでしょう。パソコンにカメラが付いているなら、お互いの顔を見て協議することもできますが自宅なのでプライベートな空間を見られたくない人もいると思います。会議室でミーティングする場合は資料を投影して協議しますので、Web会議には顔より資料を共有したいというニーズが多いようです。

短い文で会話するチャット

チャット
メールですと「◯◯さん お疲れさまです」などと、社内であっても丁寧な言葉を使い、どうしても文字数は多くなってしまいますが、チャットというツールですと入力欄が小さいので短文で最低限必要なことを伝えようとします。いろんなアプリケーションにチャット機能はありますので、活用できれば意思疎通や意思決定が早くなります。
 

連携プレーは相手の状況を把握することが重要

相手のステータス
オフィスにいれば、同僚や上司、部下が忙しそうにしている状況がわかって「私が代わりにやりましょう」などと声をかけることができますが、離れて働いていると状況を把握することが難しくなります。社員間で連携をして業務を進める必要がある場合は業務フローを電子化してお互いの状況や仕事のステータスがお互いわかるようにすることが重要です。
テレワークの課題
テレワークの課題
対応する製品・サービス 
Team ToDo
Office365